Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日銀ページへ海外からDoS攻撃 - 一時アクセス不能に

日本銀行のウェブサイトが、22日に不正アクセスを受け、一時アクセスできない事態に陥ったことを受け、同行では経緯を明らかにした。

同日14時30分ごろから、アクセスが集中により同行のウェブページが閲覧できなくなり、同日20時30分まで接続障害が続いたもの。同銀では、大阪支店のトップページからバックアップサイトへアクセスできるよう対処したという。

今回のDoS攻撃は複数の海外より発信されたと見られている。改ざん被害などは発生していない。同銀では、不正アクセスへの対処を強化、内閣官房や警察庁、警視庁などと連携して対応していきたいとしている。

日本銀行
http://www.boj.or.jp/

(Security NEXT - 2006/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査