Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

二重入力でファックスの誤送信を防止する新製品 - レッツコーポレーション

レッツコーポレーションは、番号の入力ミスによるファックスの誤送信を、二重入力による番号照合で防止するセキュリティ製品「Double Dial 64」「同512」を、9月下旬より発売する。

同製品は、ファックスを送信する際、ファックス機本体と同製品へ番号入力が必要となり、一致した場合のみ送信を許可するため、入力ミスによる誤送信を防止できる。

短縮ダイヤルの登録も可能で、「DoubleDial 64」は300件、「DoubleDial 512」は1000件登録できる。短縮ダイヤルによる照合は対応するファックス番号で実行されるため、短縮番号の変更や登録間違いがあっても正しく照合が行われる。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2006/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加