Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

流出した顧客リストが本人宛てに郵送される - 第一生命

第一生命保険の顧客情報88件が流出し、顧客にリストが送りつけられていたことがわかった。

流出した顧客情報は88名分で、顧客の氏名、住所、電話番号、保険種類や金額、契約日などが含まれている。記載されている一部に顧客本人宛てにリストが郵送されていた。

データは2002年11月から2003年3月時点のものだが、リストそのものは同社が作成したものではないという。また、54名分については、同社が2005年11月に流出を確認し、公表したデータと同一だったことがわかっている。

同社では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪をしている。今後は警察と連携して原因究明に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円