Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個々のセキュリティ機能を連携させる最新版「InfoCage」 - NEC

NECは、紙文書から電子データ、ネットワークまでを統合的にセキュリティを管理する「InfoCage」の新バージョンを発売する。

同製品は、パソコンやサーバなどのセキュリティ機能の連携を可能にし、統一したセキュリティポリシーのもとで統合的に管理するセキュリティソリューション。また、電子データや印字した紙文書に固有のIDを付与することで、外部メディアからの持ち出しや印刷などデータの操作履歴を統合的に管理できる。

同製品は、クライアントの暗号化や認証を行う「Clientシリーズ」、ファイルやコンテンツの暗号化やフォルダ認証を行う「Fileシリーズ」、サーバからのデータ持ち出しを制御する「Serverシリーズ」、不正な持込PCを検知遮断しネットワーク管理を行う「Networkシリーズ」、製品別の管理情報を統合管理する「Managementシリーズ」 の5つの製品で構成される。

(Security NEXT - 2006/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出の可能性、キャンペーンを中止 - 日本製紙クレシア
県内自治体で利用するセキュリティクラウドにDDoS攻撃 - 三重県
フィッシング報告、過去最多を更新 - DMARC未対応組織狙う傾向
シスコのビデオ会議サーバに脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「Aria Operations for Networks」に深刻な脆弱性 - 修正パッチの適用を
オークション入札で不備、個人情報流出の可能性 - 岐阜スゥープス
「Firefox 114」がリリース - 複数脆弱性を解消
「MS Edge 114.0.1823.41」をリリース - ゼロデイ脆弱性を解消
「MOVEit Transfer」のゼロデイ脆弱性 - 90日遡って侵害確認を
中学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 酒田市