Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsやMacのファイルサーバを同時監視できるセキュリティソリューション

インテリジェントワークスは、複数のファイルサーバーのログを同時に監視できるアプライアンス「コンテンツウオッチャー・マルチサーバーライセンス」を9月初旬に発売する。アップルの「Mac mini」とハードディスクを付属したモデルと1Uのラック型の2種類を用意した。

同製品は、既存製品「コンテンツウオッチャー」を強化したもので、従来は1サーバのみの監視だったが、複数台のログ監視を実現した。Windowsはもちろん、Macのファイルサーバにも対応、クライアント数やサーバ数に関係なくログの監視を行うことができ、不正なアクセスがあった場合管理者へメールが送信する。

ファイルのオープンや削除、保存、作成、更新、コピーはもちろん、フォルダ操作なども監視でき、あらゆるファイルフォーマットにも対応可能。データベースを標準で装備しており、収集したログに対して複合検索を行える。また、PDFによるレポートの出力機能も搭載した。

(Security NEXT - 2006/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも