Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セイコープレシジョンら、メールの送信時刻と原本性証明するソリューション

セイコープレシジョンとオレンジソフトは、メールに時刻認証による送信時刻証明と原本性証明を付加する「時刻認証電子メールゲートウェイサーバ」を開発した。2006年12月に提供を開始する予定。

同製品は、個々のメールに対し時刻認証を行うことで、送信時刻と原本性の保証を与えるメールセキュリティソリューション。セイコープレシジョンが運営する時刻認証局「サイバータイム時刻認証サービス」により、証明が付与される。

企業のメールシステムはそのままで導入、運用ができ、日本版SOX法が求めるメールの原本性の保証を維持しつつメールの管理を行うことができる。価格は150万円となる予定。

(Security NEXT - 2006/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市