Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アライドテレシス、ファームウェアのバージョンアップでスイッチのセキュリティを強化

アライドテレシスは、同社スイッチ「CentreCOM 8300/8400シリーズ」向けファームウェアをバージョンアップし、セキュリティ機能を強化した。

同ファームウェアは、同社ホームページよりダウンロード可能。また、同ファームウェアをプリインストールした製品の出荷も第4四半期より開始する予定。

最新版となる「V.2.7.3」では、認証機能が強化されており、MD5/OTPにくわえてあらたにTLSのサポート。MACアドレスベースの認証やダイナミックVLANへの対応、Multiple AuthenticationのSupplicant数の追加などを実現した。

Remote Security Officerと RADIUSの併用が可能となったほか、SNMPv3機能の追加など管理機能や、スイッチング機能なども強化されている。

(Security NEXT - 2006/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース