Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鹿児島相互信金、ローンの入金依頼書類7件を誤送付

鹿児島相互信用金庫は、書類の中身を誤って封筒に入れて発送したために、一部個人情報が流出したと発表した。

カードローン返済に関する「入金依頼のお知らせ」を7月21日に誤って送付したもの。顧客からの指摘により漏洩が判明。同庫によれば、7件の個人情報が流出したという。

中身を確認しないで梱包したため、作業ミスに気が付かなかったという。同庫では該当する顧客に対し、事情を説明、謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2006/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正