Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年度のセキュリティサービス市場は2005年度の3.7倍規模に

富士キメラ総研は、ネットワークセキュリティ製品やサービス市場の調査を実施し、「2006 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」としてまとめた。

今回の調査は、5月から6月にかけて同社が企業へのヒアリングやデータベースを用い、独自に調査したもの。調査によれば、企業経営層のセキュリティ対策意識の高まりを受け、ネットワークセキュリティサービスや製品の国内市場は、2005年度の3278億円から2010年度には2.3倍規模の7592億円へ成長する見込みだという。

従来の外部脅威への対策ではなく、内部統制の重要性が増していることから、とくにセキュリティサービスの拡大が目立ち、917億円から3350億円と2005年度から2010年度までに3.7倍の成長を見込んでいる。

同社が注目市場としたのが、「端末制御・監視ツール」。2005年度が348億円と市場を拡大してきたが、内部統制の需要を背景に2010年度は512億円市場になると予測した。

(Security NEXT - 2006/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化