Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報がWinny上へ流出 - 藤田保健衛生大学病院

藤田保健衛生大学病院に勤務する医師の私用パソコンから患者の情報など情報が漏洩したことがわかった。

暴露ウイルスが感染したもので、ファイル交換ソフト「Winny」ネットワーク上へ学術研究用資料が流出。流出ファイルに病名などを含む患者情報が含まれていた。同院は、該当する患者に対して謝罪。また、愛知県健康福祉部医務国保課へ事態を報告したという。

同院では、普段より研究用のデータなどについては、匿名化など指導していたが、徹底されていなかった。今後は周知徹底により、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2006/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応