Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、8月公開の月例パッチに不具合、修正プログラムを再公開

マイクロソフトは、8月9日に公開したセキュリティパッチに不具合があったとして、修正プログラムを公開した。さらに新バージョンも準備を進めているという。

問題があったのは、「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (MS06-042)」。HTTP 1.1プロトコルと圧縮を使用しているウェブサイトを表示すると、IEが予期せず終了する不具合があり、同社では、修正プログラムの提供を開始した。

また、同社では、新しいバージョンの更新プログラム「KB918899」を開発しており、ダウンロードセンターおよび Windows Update経由で8月23日に提供する予定。

更新プログラム 918899 をインストールすると Internet Explorer 6 Service Pack 1 が予期せず終了する
http://support.microsoft.com/kb/923762

Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (918899) (MS06-042)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-042.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア