Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西、「Web Caster X310」のセキュリティ機能に不具合

NTT東西は、セキュリティ機能搭載ルータ「Web Caster X310」のセキュリティ機能に不具合があることがわかったとして、ソフトウェアのバージョンアップを実施する。

今回判明した不具合は、同製品を一定期間連続して使用すると、「フレッツ・セーフティ」のセキュリティ対策ファイルが更新できなくなるというもの。また、NTT東日本が提供するセキュリティ復旧サービス「フレッツ・レスキュー」についても、セキュリティ状況の送信ができなくなる不具合が発生する。8月15日の時点でNTT東西あわせて398件の不具合が報告されているという。

両社は、顧客に対して事情を説明するダイレクトメールを送付。また、8月16日から順次アップデートを促すアナウンスをユーザーの画面上へ表示するとしている。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2006/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)