Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西、「Web Caster X310」のセキュリティ機能に不具合

NTT東西は、セキュリティ機能搭載ルータ「Web Caster X310」のセキュリティ機能に不具合があることがわかったとして、ソフトウェアのバージョンアップを実施する。

今回判明した不具合は、同製品を一定期間連続して使用すると、「フレッツ・セーフティ」のセキュリティ対策ファイルが更新できなくなるというもの。また、NTT東日本が提供するセキュリティ復旧サービス「フレッツ・レスキュー」についても、セキュリティ状況の送信ができなくなる不具合が発生する。8月15日の時点でNTT東西あわせて398件の不具合が報告されているという。

両社は、顧客に対して事情を説明するダイレクトメールを送付。また、8月16日から順次アップデートを促すアナウンスをユーザーの画面上へ表示するとしている。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2006/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み