Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、業務委託先で顧客情報約4000件を保存したパソコンを紛失

東京電力は、栃木県内の業務委託先においてノートパソコンの紛失事故が発生したと発表した。

同社によれば、栃木支店宇都宮支社が業務を委託している東京電設サービスの栃木支社宇都宮センターにおいて、パソコン1台の所在がわからなくなったという。通常収納されているキャビネット内にないことが8月4日に判明し、7日に警察へ届けたという。

パソコンには、電力設備に関する顧客情報を保存しており、氏名や住所、電話番号など3942件の個人情報が含まれていた。同社では該当する顧客に対して情報を説明し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2006/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応