Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、業務委託先で顧客情報約4000件を保存したパソコンを紛失

東京電力は、栃木県内の業務委託先においてノートパソコンの紛失事故が発生したと発表した。

同社によれば、栃木支店宇都宮支社が業務を委託している東京電設サービスの栃木支社宇都宮センターにおいて、パソコン1台の所在がわからなくなったという。通常収納されているキャビネット内にないことが8月4日に判明し、7日に警察へ届けたという。

パソコンには、電力設備に関する顧客情報を保存しており、氏名や住所、電話番号など3942件の個人情報が含まれていた。同社では該当する顧客に対して情報を説明し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2006/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし