Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディストリビューターの個人情報を紛失 - 日本アムウェイ

日本アムウェイは、同社が6月6日に開催した神奈川県内のイベント会場において、同社ディストリビューターの個人情報が記録されたUSBメモリを紛失したことを公表した。

所在がわからなくなったUSBメモリには、氏名や住所の一部、イベントへの出席情報など1万471名分の個人情報が保存されていた。同社ではパスワードを設定していたとしている。

同社では、7月26日に警察へ紛失を提出。監督官庁である経済産業省のほか、日本訪問販売協会、日本情報処理開発協会などへ事故を報告した。また、関係者に謝罪状を送付したという。同社では、社内の対応に時間がかかり、事故報告が遅れて申し訳なかったとコメントしている。

(Security NEXT - 2006/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破