Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の中元申込書を紛失 - 四国のスーパー

四国、中国地方で小売事業を展開するフジは、8月2日に顧客情報52件が記載された中元申込書を配達中に紛失したと公表した。

紛失したのは、中元申込書の顧客用控え13枚。依頼主2名および届け先50名の住所、氏名、電話番号などが記載されていた。書類鞄に入れて配達車に載せ、配達業務を行っていたが、その途中で鞄ごと紛失したものと見られている。

同社では、探索を実施したほか警察に紛失届を提出した。同社では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をしている。今後は、顧客情報の記載された書類は持ち出さず郵送で返却するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意