Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が運搬車から落下で飛散 - 住友生命

住友生命保険は、顧客情報が記載された書類が運搬中のトラック荷台から落下して散乱していたことを明らかにした。407名分の書類が現在も未回収だとしている。

7月28日、大阪市中央区内の交差点付近に同書類が散乱しているとの通報を受け判明した。紛失したのは、同社保険に関連する手続完了済み書類の一部。契約者の氏名、住所、電話番号、証券番号などが記載されている。

その後、書類の保管を委託している倉庫会社が手配したトラックで運搬中、荷台より落下して散乱したことがわかった。同社では、回収作業を行ったが、7月31日時点で407名分の書類が未回収だという。

同社では該当する顧客に対し報告と謝罪をするとともに、顧客情報の管理徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外