Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が運搬車から落下で飛散 - 住友生命

住友生命保険は、顧客情報が記載された書類が運搬中のトラック荷台から落下して散乱していたことを明らかにした。407名分の書類が現在も未回収だとしている。

7月28日、大阪市中央区内の交差点付近に同書類が散乱しているとの通報を受け判明した。紛失したのは、同社保険に関連する手続完了済み書類の一部。契約者の氏名、住所、電話番号、証券番号などが記載されている。

その後、書類の保管を委託している倉庫会社が手配したトラックで運搬中、荷台より落下して散乱したことがわかった。同社では、回収作業を行ったが、7月31日時点で407名分の書類が未回収だという。

同社では該当する顧客に対し報告と謝罪をするとともに、顧客情報の管理徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行