Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で関係者のアドレスを流出 - 日本財団コミュニティサイト

日本財団は、同財団が運営する公益コミュニティサイト「CANPAN」において案内メールを送信する際、誤って他の受信者のアドレスが表示された状態で送信したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同サイトの運営事務局が7月25日に配信したイベント案内メール。2346件のメールを4つのブロックに分けて送信する際、アドレスを宛先に指定して送信したため、他の受信者のアドレスが表示された状態になったという。同財団では、誤送信の対象となった関係者に経緯説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2006/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断