Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、機密ファイルの不正操作をブロックするツールを発表

ハンモックは、情報漏洩防止機能などを強化したPC資産管理ツール「Asset View GOLD」シリーズを発表した。発売は2006年11月の予定。

同製品は、PC資産管理ツール「Asset View HYPER」シリーズの次世代製品。従来の機能に加え、個人情報ファイル監査機能やファイル操作ブロック機能などをあらたに追加し、情報漏洩対策機能を強化した。

新機能の「Asset View GOLD I」は、パソコン内の個人情報や機密情報を検出し、管理者に報告するツール。「Asset View GOLD M」は、操作ログを取得するとともに、指定したファイルをコピーや移動、加工しようとすると、ロックをかけて操作を防止する。そのほか、プリントログ管理機能なども用意される予定。

また、無償提供される運用支援ツール「Asset View GOLD E」のエグゼクティブビュー機能により、組織内のセキュリティ状況把握が容易になる。予定価格は2500円から。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件