Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大企業向けの総合メールセキュリティアプライアンスを発売

ソフォスは、メール経由の攻撃を防御する統合メールセキュリティアプライアンス製品「ES4000」を発売した。運用負担を軽減する自動アップデートやシステムメンテナンス機能を搭載している。

同製品は、メールを介して侵入しようとするウイルス、トロイの木馬、スパイウェア、スパムなどの脅威を防御する大企業向けのアプライアンス製品。24時間365日体制で稼動しているSophosLabsから、5分ごとに最新のアップデートが提供され、自動的に受信する。1日100万通以上の大量メールにも対応可能。

また、悪意あるプログラムのパターンや特性を検出する独自の検知技術により、定義ファイルが提供されていない未知のウイルスやスパムもブロックする。さらに、自動システムメンテナンス機能やブラウザベースの管理コンソールなど、管理や運用の負担軽減も実現した。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市