Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪急CS、個人情報記載書類のリサイクルサービス「シュレッドボックスα」を開始

阪急カーゴサービスは、個人情報処理サービス「シュレッドボックスα」の提供を開始した。

同サービスは、同社が従来より提供している個人情報輸送サービスと機密文書リサイクル処理サービスを組み合わせたもの。

金属製ボックスで書類を回収、輸送途中で人的チェックと機器による二重チェックを行うことで安全を確保。セキュリティを確保した施設へ持ち込み、処理、リサイクルを実施する。また、万が一の事故に備え、漏洩した場合のため保険も付保しているという。

(Security NEXT - 2006/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ