Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ツムラ、医師や薬剤師の個人情報を含むPCが盗難に

ツムラは、高知県内の医師および薬剤師2604名分の個人情報が保存されたパソコンを盗まれたと発表した。

高知営業所に勤務する医薬情報担当者が帰宅途中に被害に遭ったもの。持ち去られたノートパソコンには、高知県内の医師や薬剤師2604名分の個人情報で、氏名、勤務先住所、勤務先電話番号など含まれる。

同担当者が6月7日夜に高知市内で飲食後、8日未明に帰宅する途中、鞄ごと盗難に遭ったという。同日中に盗難届を提出した。

同社によれば、同パソコンは、社員証、起動時、およびデータアクセス時のパスワード設定と3段階の認証が必要で、個人情報については暗号化が施されていることから、データが流出する可能性は低いとしている。

同社では該当する関係者に対して、報告と謝罪をするとともに、個人情報を含むノートパソコンの持ち出しや取り扱いに関して再教育を実施して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意