Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

蒼天、ASPで利用できるクライアント管理ソリューションを発売

蒼天は、クライアントPCの不正操作や資産情報の把握を行える管理ソフト「LogVillage」のASP版を提供開始した。

同サービスは、クライアントPC管理ソリューション「LogVillage」を管理の手間などがかからないASPサービスとして提供するもの。中小企業をターゲットとしており、利用台数を300台まで。

クライアントPCにおけるアプリケーションの実行やログオン、ウェブサイトへのアクセス、印刷などを監視。また、外部メディアへのアクセス制限や不正ソフトのインストール、OSのセキュリティパッチの適用状況などを把握できる。オプションで履歴を記録や月次レポートを参照することも可能。

不正な操作が行われると、管理者へアラートのメールを送信。管理者はウェブブラウザで状態を確認できる。ASPサービスのため、クライアントPCに常駐ソフトウェアをインストールする必要がなく、LogVillageセンサーPCをネットワークに接続するだけで利用できるという。

(Security NEXT - 2006/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで