Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FJBと富士通SSL、「ITガバナンス・アセスメントサービス」を展開

富士通ビジネスシステム(FJB)と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、「ITガバナンス・アセスメントサービス」を共同で開発した。富士通ビジネスシステムが6月8日より提供を開始する。

同サービスは、500問のヒアリングにより、運用とセキュリティの面から評価を行い、現状の把握や課題を洗い出すことで、ITにおける内部統制の強化を支援するもの。

評価基準には、経済産業省発行のシステム管理規準と英国政府作成のITIL、FJBの「IT運用アセスメント」に加え、両社のコンサルティング実績を元に共同で開発した。

さらに、ITの運用環境を提供する「FJB@onestop ITMS」「IT全般統制実施支援ソリューション」を用意しており、評価結果を元にした具体的な対策までワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2006/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

非当選者に誤ってプレゼント当選メール、別人の氏名も - ECC
競技場観覧席で生徒名簿が強風で飛ばされ紛失 - 埼玉県
個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性