Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、5月度のウイルスと不正アクセスの届け出状況を公表

情報処理推進機構は、2006年5月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。

ウイルスの検出数は178万個で4月とほとんど同水準で、届出は3651件と3.2%増だった。検出、届出が行われたウイルスはいずれも依然NetskyがトップでMytobが続いている。

不正アクセスについては届出が13件、相談が23件で、実際に被害が発生した例は17件あった。前月より若干減少傾向にある。

また、ワンクリック詐欺の不正請求に関する相談が210件寄せられているほか、セキュリティソフトの導入を装ったマルウェアについても41件の届出があった。また、Winnyに関する相談も28件あったという。

(Security NEXT - 2006/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い