Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボとインターチャネル、コンシューマー向け統合セキュリティソフトを発売

アンラボとインターチャネルは、個人やSOHOを対象とした統合セキュリティ対策の新製品「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007」シリーズ、および「AhnLab スパイゼロ 2007」パッケージ版を6月23日より発売する。

「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ(6980円)」は、ウイルスやスパイウェア対策、フィッシング対策機能をはじめ、ファイアウォールや個人情報保護機能、メール対策機能を搭載した統合セキュリティソフト。

「特定位置判別法」による高速スキャンなどの機能を備えている。WinnyやShareといったP2Pソフト対策が可能。Windows XP Pro x64 Editionに対応している。

また、「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ」よりP2P対策機能、スパイウェア対策機能を省いた「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007」と、P2Pソフト対策やスパイウェア対策に特化した「AhnLab スパイゼロ 2007」を同時にリリースする予定。

両社は、ダウンロード版は先行して発売する予定で、BIGLOBE SOFTPLAZAやベクターにて6月2日より提供を開始する。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。