Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMO-HS、ファイアウォール利用者向けに保険を無償付帯

GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は、アイルの「プライベートサーバ・ホスティングサーバ」の「専用/共用型ファイアーウォール」オプション利用者に保険を無償で付帯すると発表した。

「専用/共用型ファイアーウォール」オプションに自動付帯する無償サービスで、「データ・メディア保険」と「ITビジネス賠償責任保険」が付帯。個人情報の漏洩やサーバ停止時の逸失利益の損害賠償や、外部攻撃によるデータ損傷などに補償するとしている。サービス提供にあたり、伊藤忠保険サービスとの提携している。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性