Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、セキュリティ対策ソフトインストール済みサーバを発売

大塚商会、NEC、エムオーテックス、トレンドマイクロの4社は、中小企業向けサーバ「Nパック セキュリティサーバ」を5月22日より発売する。価格は58万5900円。

同製品は、「Express5800/110GcS」をベースにセキュリティ対策ソフトなどをプリインストールしたサーバ。プリインストールにより従来より低価格を実現している。

内蔵ソフトである「LanScopeCat5」により操作ログの収集に対応し、事故発生時の調査が可能なほか抑止効果を期待できる。さらにトレンドマイクロのウイルス対策ソフトがインストールされている。

今後は資産管理ソフト、持込みパソコン接続防止などの機能を追加していく予定。

(Security NEXT - 2006/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ