Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RIAJ加盟14社、音楽ファイルの不正アップロードユーザーに関する情報開示を求め訴訟提起

日本レコード協会の会員レコード会社など14社は、ISP3社に対し、音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザー19名に関する発信者情報の開示を求めて、東京地方裁判所に訴訟を提起した。

同協会ではこれまで、市販音楽CDのデータファイルを無断でアップロードしているユーザーが著作隣接権を侵害しているとして、訴訟提起を行ったもの。同ユーザーの氏名や住所などの発信者情報を開示するようISP3社に対し求めてきたが、開示されなかったため、訴訟に踏み切ったという。

音楽ファイルの不正アップロード行為が後を絶たないことから、今後も損害賠償請求に向けた発信者情報の開示を求める法的対応を進めるとしている。

同協会では2004年3月より、不正アップロードを行っているユーザーに対し、インスタントメッセンジャーによる注意喚起を実施し、現在までの送付総数は1100万通を超えている。

日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

(Security NEXT - 2006/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響