Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立の医療センター、患者の個人情報を一時紛失 - JR職員が発見

東京都立北療育医療センターにおいて、患者37名分の個人情報を含む業務資料を一時紛失していたことがわかった。

5月2日に患者37名分の個人情報が記載された業務資料を一時紛失したもの。東京都福祉保健局によれば、氏名、生年月日、年齢、病名などが含まれていたという。同センターの職員が資料を持ち出し、帰宅するまでの間に紛失したが、翌5月3日に電車内においてJR職員が発見。12日に紛失したすべての資料が回収された。

同センターでは、個人情報の持ち出し禁止やセンター内における管理徹底を指導し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘