Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自技術でネット詐欺を防ぐセキュリティソフト - セキュアブレイン

セキュアブレインは、フィッシング詐欺やワンクリック詐欺などの防止に特化したセキュリティソフト「Internet SagiWall」を7月7日より発売する。ダウンロード版のみで価格は2980円。

同ソフトは、従来のブラックリストやホワイトリストによる対策では難しい未知のフィッシング詐欺、およびワンクリック詐欺サイトを独自の技術で検知し、ユーザーにその危険性などを知らせることで被害を未然に防ぐ。

同社が収集、分析した詐欺サイトに関する情報に基づいて、ページ作りや日本語の文法などの特徴を検知するヒューリスティック技術により、未知の詐欺サイトの検出が可能となったほか、ワンクリック詐欺など日本特有のオンライン詐欺にも対応する。

(Security NEXT - 2006/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を