Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中古パソコンの7台に1台は前利用者のデータが残存 - NTTネオメイト調査

NTTネオメイトは、主要都市で販売されていた中古パソコンのハードディスクについてデータの残存状況の調査を実施した。

同調査は、今回で3回目となる調査で100台を対象に調査。東京、名古屋、大阪、福岡で販売されていた中古パソコンのうち14%に残存データが確認されたという。さらにその3分の1は前のユーザーが事業者で、残り3分の2が個人ユーザーだったという。

前回調査では23%から残存データが発見されており、同社では、残存データの危機意識について企業では高まりつつある一方、個人ではまだ意識が低いと分析している。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増