Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDS、アプリケーション内蔵の指紋認証キー発売

ディー・ディー・エスは、指紋の画像ではなく特徴情報を登録して本人認証を行うUSBメモリ型指紋認証ユニット「UBF-mini」を6月15日より発売する。

同製品は、OSや業務システムへのログオン時に、指紋による本人認証を行うUSBキー。指紋の画像ではなく凹凸などの特徴を照合して認証する「周波数解析法」を採用した。

同方法は、名古屋工業大学大学院の梅崎太造教授と同社が共同で開発したもので、同社では、指紋登録率を100%としている。

指紋の登録、照合を行うアプリケーションや、登録者の指紋情報などは本体のメモリに内蔵される。価格は、1ユニット2万4150円。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII