Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講者の個人情報入りHDDが盗難 - 和歌山農業大

和歌山県農業大学校は、4月16日に職員室が事務所荒らしの被害に遭い、講習会の受講者などの個人情報が保存された外付けハードディスクが盗まれた。

同大学によれば、持ち去られた外付けハードディスクに受講者の個人情報が保存されていた。含まれる情報は、2005年度農業機械安全講習会の受講、修了者31名分の氏名および住所と、大型特殊自動車免許の受講者35名分の氏名、生年月日など。

盗難ではパソコンも持ち去られたが、個人情報は保存していなかったという。同大学では再発防止に向け、情報セキュリティの強化を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意