Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約8000名分の患者情報入りPCを紛失 - 医療機器販売会社

ウイン・インターナショナルは、3月26日に医療機器を納入した病院の患者7960名分の個人情報が保存されたパソコンおよびCD-ROM1枚を、社員が飲食店で紛失したと発表した。

紛失したパソコンに保存されていた患者情報は、新葛飾病院の4316名分、新潟市民病院の3320名分、東京西徳洲会病院の163名分、土浦協同病院の160名分となっている。またCD-ROMには、東京西徳洲会病院の患者1名分が記録されていた。

いずれも患者の氏名、生年月日、診療内容、既往症などの個人情報が含まれている。いずれのデータのバックアップを目的に保存したものだったが、持ち出しについて医療機関の許可を得ていなかった。

同社では、警察へ紛失届を提出。同社では再発防止に向け、個人情報保護に関する作業手順の見直しや社員の再教育を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県