Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機器をフルタイムで管理する新サービス - 日本ベリサイン

日本ベリサインは、セキュリティ機器を監視、管理するサービス「ベリサイン マネージドセキュリティサービス」を4月1日より提供開始する。

セキュリティ機器を24時間体制で管理するアウトソーシングサービス。同社の管理技術「TeraGuard」により、デバイスからの情報を収集、

分析を行うことで効率的な対応を実現しているという。端末ごとに「ファイアウォール監視管理サービス」「IDS監視管理サービス」「IPS監視管理サービス」と3種類のサービスを用意した。

(Security NEXT - 2006/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正