Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフト、アンチウイルスソフトにWinny警告機能

キングソフトは、同社セキュリティソフト「キングソフトインターネットセキュリティ2006」「同2006+」にWinnyの警告画面表示機能を追加した。

同ソフトを利用している際に、Winnyを起動しようとした場合、情報漏洩が発生する恐れがあることを警告するという。

同社では、Winny自体は存在に問題や悪意はないとしながらも、Winny関連のウイルスは、利用者間で伝播するため、発生直後に対応するのが難しく、さらに発生する被害が大きいことから、同ソフトの利用を推奨できないと判断したためだという。

(Security NEXT - 2006/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了