Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェア、透かしを利用したフィッシング対策ソリューション

NTTコムウェアは、偽装サイトへの情報送信を防止するフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT」を発売した。

同ソリューションは、ネットバンキングやeコマースサイトへ電子透かしを埋め込み、利用者が送信時に専用ソフトウェアにより同社サーバへ問い合わせ、チェックすることでウェブサイトの真偽を確認できる製品。

正しい透かしが確認できない場合は、ブラウザに警告を表示、不正サイトの恐れがあるページへの情報の送信を防止する。

(Security NEXT - 2006/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市