Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上野アメ横の香水ショップ、クレジットカード売上票34枚を紛失

第一興商は、同社子会社が運営する香水ショップ「The香水屋 上野アメ横店」において、売上票34枚が所在不明となっていることが3月2日に判明したと発表した。

所在不明となっているのは、2月2日から25日の間に同店で利用したクレジットカードの売上票34枚。カード名、利用金額、カード番号、有効期限、利用者のサインなどが記載されている。紛失判明後、店舗内を捜索するとともに警察にも届け出ている。

同社では、不正侵入や持ち出しの形跡がないとして、誤って廃棄した可能性が高いとしながらも、拾得者により不正利用される恐れもあるとして、カード会社を通じて報告と注意喚起を行うとしている。今後は、カード売上票の保管場所を改めて管理を厳重にするなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応