Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱商事ら、米SkyboxのSRMツールを国内向けに提供

三菱商事、ティーディーセキュリティ、米SkyBox Securityの3社はセキュリティリスクマネジメント(SRM)について提携すると発表した。

提携第一弾として3社は、Skyboxの開発したSRMツール「Skybox View v3.0」の国内販売を5月から開始する予定。同ツールは日本語へローカライズされ、TDセキュリティが代理店として販売、保守サポートを展開。三菱商事は子会社であるインフォセックを通じて支援する。

(Security NEXT - 2006/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇