Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の手術情報がネット上に流出 - 富山市の病院

富山市の長谷川病院は、職員の私用パソコンがウイルスに感染し、2873件の患者情報を含む業務用ファイルがインターネット上に流出したと発表した。

同院によれば、流出したのは手術室利用履歴で、1997年9月1日から2004年12月10日までの間に、同院の手術室で行われた手術症例2873件が記録されていた。患者の氏名、性別、年齢、生年月日、手術術式などが含まれている。

同院では電子カルテを利用しているが、今回漏洩したファイルはカルテではなく、表計算ソフトで作成した集計用のデータだったという。2004年12月、職員の私用パソコンがウイルスに感染し、Winnyネットワーク上へ流出したものと見られている。

同院では2005年以降、患者情報の電子化に伴い、外部ネットワークを遮断することで、院外への漏洩防止や患者情報持ち出しの登録許可制、ファイル交換ソフトの使用禁止、私用パソコンの持ち込み禁止といった対策を実施してきたという。今回の事件を受け、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も