Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHK広島、番組出演者の個人情報が記載された書類が所在不明に

NHK広島放送局は、広島放送会館内において、番組出演者127名分の個人情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっている書類には、同局の情報番組「ひるまえワイド」に、2003年4月から2006年2月までの間に出演した127名の番組出演料に関するデータが記載されていた。出演者の氏名、住所、電話番号、口座名などが含まれているという。

同書類の写しを綴じたファイルを番組担当者の部屋に保管していたが、3月1日に所在不明となっているのが判明。捜索したが見つからず、警察へ相談しているという。

同局と制作委託会社では、該当者に対し個別に事情を説明している。また再発防止に向けて、個人情報の管理体制を点検するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性