Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市立大学、採点簿が所在不明に

横浜市立大学は、同学生徒の採点簿を紛失したと発表した。

同大学によれば、卒業判定の事務処理を行っていた2月13日に採点簿の所在が不明になっていることに気が付いたという。採点簿には、氏名、学籍番号、成績が記されていた。

担当した非常勤講師は、2005年9月に答案採点後に同大学へ郵送済みとしている。同大学では、調査を実施したが発見できず、郵政公社に事故調査を依頼。また該当する生徒へ事情を説明する文書を送付した。

同大学では、採点簿の受け渡しについて確認が不十分だったとし、今後見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ