Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀行、金融犯罪対応室を設置 - 偽造カードやフィッシングへ対抗

三井住友銀行は、預金者保護の強化を目指し「金融犯罪対応室」を設置した。

同行では、預金者保護法の成立を踏まえ、昨年11月より「口座セキュリティ対策プロジェクトチーム」を立ち上げ、セキュリティ対策の強化などを実施してきたが、さらなるセキュリティの強化を目指すため専門組織として立ち上げるもの。

同室では、同チームの業務を引き継いだ上で、フィッシング詐欺やスパイウェアといった対策なども進めたいとしている。

(Security NEXT - 2006/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開