Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス検知機能を強化した「HDE Center 4」が登場

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、LinuxやUNIX、Windowsサーバを集中管理できるインターネットシステム集中監視ソフト「HDE Center 4」を2月28日に発売する。

同製品は、ネットワークやOS、アプリケーションの一元管理を実現するソフトウェア。障害が発生した場合、メールで管理者に警告するほか、指定したスクリプトによる自動復旧を実施できる。さらにSNMPトラップ機能を搭載することで、他社製の統合監視ツールに障害情報を送信できる。

最新版では、ファイルの改ざん、不審なログインの自動検知、任意のポートに対するアクセスの監視などセキュリティ管理機能を搭載したほか、PostgreSQLやIMAPへの監視機能を拡充している。また、価格改定を実施し、最大50%の値下げを実施した。

(Security NEXT - 2006/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応