Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、米Lockdown Networksのセキュリティアプライアンスを発売

京セラコミュニケーションシステムは、米Lockdown Networksのセキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」を3月1日より発売する。

同製品は、認証機能や検疫機能、隔離機能を搭載した統合型セキュリティアプライアンス。サーバやPCクライアントのほか、プリンタやPDA、IP電話などにも対応している。

802.1x認証やRADIUS、LDAP、Windowsのドメイン認証など、幅広く対応しており、既存ネットワークの認証機能をそのまま利用できる。さらにスイッチや無線アクセスポイント、VPNの接続時にウイルスの検閲が可能で、ポリシーに反した端末を隔離することで、セキュリティを確保できるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も