Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、米Lockdown Networksのセキュリティアプライアンスを発売

京セラコミュニケーションシステムは、米Lockdown Networksのセキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」を3月1日より発売する。

同製品は、認証機能や検疫機能、隔離機能を搭載した統合型セキュリティアプライアンス。サーバやPCクライアントのほか、プリンタやPDA、IP電話などにも対応している。

802.1x認証やRADIUS、LDAP、Windowsのドメイン認証など、幅広く対応しており、既存ネットワークの認証機能をそのまま利用できる。さらにスイッチや無線アクセスポイント、VPNの接続時にウイルスの検閲が可能で、ポリシーに反した端末を隔離することで、セキュリティを確保できるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス