Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、米Lockdown Networksのセキュリティアプライアンスを発売

京セラコミュニケーションシステムは、米Lockdown Networksのセキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」を3月1日より発売する。

同製品は、認証機能や検疫機能、隔離機能を搭載した統合型セキュリティアプライアンス。サーバやPCクライアントのほか、プリンタやPDA、IP電話などにも対応している。

802.1x認証やRADIUS、LDAP、Windowsのドメイン認証など、幅広く対応しており、既存ネットワークの認証機能をそのまま利用できる。さらにスイッチや無線アクセスポイント、VPNの接続時にウイルスの検閲が可能で、ポリシーに反した端末を隔離することで、セキュリティを確保できるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県