Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報40件の紛失が判明 - 遠軽信用金庫

遠軽信用金庫は、2005年12月に顧客情報が記載された書類の紛失を発表していたが、あらたな紛失が判明したことを公表した。

あらたに紛失が判明した書類は、預金口座振替依頼書をはじめ、預金口座振替請求書、口座振替総合依頼書といった紙帳票。同庫では、12月6日に236名分の個人情報紛失を公表しているが、今回40名分の紛失が明らかとなったという。

書類は発見されていないものの、同庫では廃棄によるものとしており、外部への漏洩はないと結論付けている。また、該当する顧客に対して事情を説明し、了承を得たとしている。

同庫では、再発防止策として管理体制の強化などを行う予定。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村