Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報40件の紛失が判明 - 遠軽信用金庫

遠軽信用金庫は、2005年12月に顧客情報が記載された書類の紛失を発表していたが、あらたな紛失が判明したことを公表した。

あらたに紛失が判明した書類は、預金口座振替依頼書をはじめ、預金口座振替請求書、口座振替総合依頼書といった紙帳票。同庫では、12月6日に236名分の個人情報紛失を公表しているが、今回40名分の紛失が明らかとなったという。

書類は発見されていないものの、同庫では廃棄によるものとしており、外部への漏洩はないと結論付けている。また、該当する顧客に対して事情を説明し、了承を得たとしている。

同庫では、再発防止策として管理体制の強化などを行う予定。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起