Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク愛知、財形貯蓄の口座開設者情報を紛失

愛知県信用農業協同組合連合会は、財形貯蓄の口座開設者情報が記載された書類を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、愛知県内の農協において財形貯蓄の積立口座を開設している顧客の情報が記載された書類。氏名、口座番号、預金残高など27名分の個人情報が含まれていた。

同会によれば、同書類は同会が保管するべきものだったが、誤って受付窓口である農協へ送付していたという。同会では、送付時や農協において紛失した可能性が高いとしており、現在、農協と協力しながら調査を進めている。

同会では顧客へ事情を説明し、謝罪。また、再発防止に向け、管理を強化するとしており、取扱手続きなどについて再度確認を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を