Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリアスウィフト、電子メール向けセキュリティソリューションの最新版をリリース

クリアスウィフトは、「MIMEsweeper for SMTP 5.2」を発売した。価格は50ユーザー、55万円から。

同製品は、ウイルスやスパム対策に加え、情報漏洩の防止といった電子メールソリューション。電子メールにおけるセキュリティポリシーを一元管理を実現している。

最新バージョンでは、データベースとポリシーの管理サーバを分離することが可能となったほか、最大8台の一括管理を実現しており、大規模環境へ対応でき、処理履歴のトラッキングの情報を統合できる。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学