Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、スパイウェア対策に特化した「スパイバスター2006」を発売

トレンドマイクロは、スパイウェア対策に特化したセキュリティソフト「スパイバスター2006」を、2006年2月10日より発売する。

同製品は、米国のスパイウェア対策専業メーカーであるIntermuteの製品をベースに開発されたスパイウェア対策専門のセキュリティソフト。同社では、発売に先駆けて、2005年12月にベータ版を無償公開していた。

同ソフトでは、感染すると駆除が困難とされるスパイウェア「CoolWebSearch」の専用駆除ツール「CWShredder」や、検索対象の領域やファイルの種類などを個別に設定できる「カスタム検索」機能が搭載されている。

また、履歴情報管理機能や、リアルタイム監視機能、復元機能なども備えており、一部セキュリティソフトとの併用も可能になっている。価格はオープンプライス。同社のオンラインショップ価格はパッケージ版が4725円、ダウンロード版が3570円。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ