Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、スパイウェア対策に特化した「スパイバスター2006」を発売

トレンドマイクロは、スパイウェア対策に特化したセキュリティソフト「スパイバスター2006」を、2006年2月10日より発売する。

同製品は、米国のスパイウェア対策専業メーカーであるIntermuteの製品をベースに開発されたスパイウェア対策専門のセキュリティソフト。同社では、発売に先駆けて、2005年12月にベータ版を無償公開していた。

同ソフトでは、感染すると駆除が困難とされるスパイウェア「CoolWebSearch」の専用駆除ツール「CWShredder」や、検索対象の領域やファイルの種類などを個別に設定できる「カスタム検索」機能が搭載されている。

また、履歴情報管理機能や、リアルタイム監視機能、復元機能なども備えており、一部セキュリティソフトとの併用も可能になっている。価格はオープンプライス。同社のオンラインショップ価格はパッケージ版が4725円、ダウンロード版が3570円。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害