Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、スパイウェア対策に特化した「スパイバスター2006」を発売

トレンドマイクロは、スパイウェア対策に特化したセキュリティソフト「スパイバスター2006」を、2006年2月10日より発売する。

同製品は、米国のスパイウェア対策専業メーカーであるIntermuteの製品をベースに開発されたスパイウェア対策専門のセキュリティソフト。同社では、発売に先駆けて、2005年12月にベータ版を無償公開していた。

同ソフトでは、感染すると駆除が困難とされるスパイウェア「CoolWebSearch」の専用駆除ツール「CWShredder」や、検索対象の領域やファイルの種類などを個別に設定できる「カスタム検索」機能が搭載されている。

また、履歴情報管理機能や、リアルタイム監視機能、復元機能なども備えており、一部セキュリティソフトとの併用も可能になっている。価格はオープンプライス。同社のオンラインショップ価格はパッケージ版が4725円、ダウンロード版が3570円。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生