Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証がシステムの増強を実施

東証は、約定件数の増加により今月18日に売買停止となったことを受け、システムの増強を実施し、23日より運用を開始した。

同取引所では、システムの増強を実施し、従来の450万件から500万件に処理能力を向上させた。同取引所では、システムの増強について先週末に動作のテストを実施していたが、無事完了したため、23日より運用を開始した。

それにともない、売買の停止基準を注文件数850万件、約定件数400万件から、約定件数の上限を450万件へ引き上げた。注文件数については従来どおり850万件となる。

なお、23日の前場引け時の注文件数は約360万件、約定件数は約160万件だった。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明