Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証がシステムの増強を実施

東証は、約定件数の増加により今月18日に売買停止となったことを受け、システムの増強を実施し、23日より運用を開始した。

同取引所では、システムの増強を実施し、従来の450万件から500万件に処理能力を向上させた。同取引所では、システムの増強について先週末に動作のテストを実施していたが、無事完了したため、23日より運用を開始した。

それにともない、売買の停止基準を注文件数850万件、約定件数400万件から、約定件数の上限を450万件へ引き上げた。注文件数については従来どおり850万件となる。

なお、23日の前場引け時の注文件数は約360万件、約定件数は約160万件だった。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大